くじブロ

鳥取県でのびのび情報発信中。パソコンが苦手、ブログが続かない、収益化できないなどのお悩みを解決。タイトルにちなんで毎週木曜日と毎月30日の朝9時更新。お昼休みにサクッと読めます。

【ブクマ必須】ブログに最適な無料素材配布サイトまとめ

ブログをする上で避けては通れないのが画像の検索ですよね。

検索エンジンで画像を探すと数多くのものがヒットしますが、それらをいきなりブログで使用するのは著作権上NGです。

そんなときに便利なのが無料の素材配布サイトなのですが、探し方や使い方がわからないと感じている方も多いのではないでしょうか?

そんな悩みを解決するため、今回の記事では『ブログで使えるオススメ無料素材サイト』と『使用する上での注意点』をご紹介します。

それでは一緒に見ていきましょう(^^♪

もくじ

 

ブログ用無料素材サイトが必要なわけ

世の中にあるウェブサイトや紙媒体のチラシなどのほとんどが素材サイトで入手されています。

おそらく普段何気なく見ているサイトにもこれらの素材が利用されているはずです。

自前で画像を用意できる方には特に必要のないサービスではあるのですが、そのようにしてブログを運営している方は本当にごくわずかなのです。

素材の作成にかかる時間を少しでも短縮するためにも無料の素材サイトは積極的に利用したいものです。

 

ブログ記事に画像を使う意味

画像を使わなくても記事の作成は可能なのですが、記事内に全く画像が挿入されていないと見た目が寂しい以外にも記事の読みやすさに影響が出てきます。

画像の挿入がない記事ではページを開くと画面いっぱいに文字が表示されるようになります。

開いた途端、画面いっぱいに文字が表示されるとおそらく多くの人が「ウッ」と感じるのではないでしょうか。

画像を適度に挿入することで記事に目が行きやすくなりますし、内容をイメージしやすくなります。

また、文章と文章の間に隙間ができるようになるので、文字を追う目を少し休ませることができるので、記事のボリュームが多くなるときなどは訪問者への配慮として画像の設置を心がける必要があります。

 

ブログで使えるオススメ無料素材サイト

Unsplash

これが本当に無料なのかと思うくらいクオリティの高い素材ばかりが公開されています。

このサイトで入手した素材を記事内に挿入するだけでどこかエモい感じが漂います。

検索窓にキーワードを入力するときは日本語に対応していないため英語で入力する必要があります。

IM Free

先程の素材サイトと同じようにこちらも大変雰囲気の良い素材を入手することができます。

テーマごとに素材が分類されているので、自分の求めている素材にたどり着きやすのが特徴です。

こちらのサイトも日本語に対応していないので、検索窓には英語で入力する必要があります。

PEXELS

こちらのサイトでは素材の利用を積極的に推奨しているサイトです。

公開されている素材は著作権フリーで使用することができます。

このサイトの特徴は動画素材を提供しているという点です。

これまでのサイトと違って日本語での検索に対応しているので、英語に変換する手間がありません。

pexels.com

ぱくたそ

こちらで提供されている素材はもはや目にしない日はないと言えます。

他の素材サイトと違って日本人が写っている素材が多いのが特徴です。

また、提供されている素材は使う場所に合わせてS、M、Lの3サイズからダウンロード可能です。

クセの強い素材が提供されているので、アイキャッチ画像などに利用されることが多い印象です。

いらすとや

日本中が『いらすとや』になっているとも言われていますね。

先程のぱくたそ同様、この素材を見ない日はありません。

特徴としては圧倒的な素材数です。

しかも、すべての素材が同じタッチで描かれているため、複数使用するときなど統一感を出しやすいです。

また、ニュースで話題の出来事などを驚くほどのスピードで素材化してしまう驚異的なフットワークの軽さを持っているので、トレンド感のある素材をゲットしやすいです。

FLAT ICON DESIGN

タイトルの通りフラットなアイコンを無料で提供しています。

配布されているのはアイコンなので、単体で利用するというよりは他の画像と組み合わせて使う場面の方が多いように感じます。

特徴は素材の形式がたくさん用意されている点です。

JPG、PNG、AI、SVG、EPSといった形式でダウンロードが可能なので、イラストレーターやフォトショップで開いて編集できます。

提供されている素材はどれも汎用性が高いものばかりなので、ブログの内容にマッチする画像がきっと見つかります。

Icon-rainbow

こちらもアイコン素材を提供しているサイトです。

一見シンプルなアイコンに見えるのですが、実は細部まで表現されており、こだわりを感じます。

基本はモノトーンなのですが、サイトに設置されているカラーバーを選択するだけで、アイコン全体の色を変更することが可能です。

他のアイコン素材サイトではなかなか見つけられないような珍しいアイコンが提供されているのが特徴です。

FLATICON

Googleの検索窓にサイト名を打ち込むと『FLAT ICON DESIGN』のページが検索トップに表示されますが、そちらのサイトとは別のものになります。

アイコン素材数は3,000,000超えという圧倒的な数値を誇っています。

カテゴリ分けされているアイコンをまとめてダウンロードすることが可能です。

特徴は前述の通り圧倒的な素材数が提供されている点で、アイコンに関して欲しい素材はほぼここで見つけることができます。

 

使用する上での注意点

ブログで使える無料素材サイトで入手したものだとしても、すべてを自由に使っていいわけではありません。

素材サイトごとに利用規約があるので、必ずそれらに目を通しておくようにしましょう。

とはいえ利用規約を端から端まですべてに目を通すのはなかなか骨の折れる作業なので、確認しておきたいポイントをご紹介します。

 

利用規約内で確認しておきたいポイント

商用利用が可能か

今自分の運営しているサイトで収益化をしている、または将来的に収益化を考えている方は必ずこの項目を確認するようにします。

商用利用とは『素材を使って商売をする』ことで、サイトにアフィリエイトなど金銭の発生する広告を設置している場合は注意が必要です。

著作権表示が必要か

『クレジット表記』や『コピーライト表記』と言われたりもします。

これは何のことかというと、著作権者の名前を画像と一緒に記載することです。

画像のすぐ下に提供元のサイトURLを表記する以外にもリンクを貼る必要がある場合もあります。

表記の仕方についてはサービスによって利用規約が異なるためこちらも注意が必要です。

改変可能か

無料素材サイトで入手した画像を更に編集することが改変です。

画像編集の定番であるトリミングや色合いの変更なども改変にあたります。

『改変が可能なのか?』また『どこまでなら改変していいのか?』などはサービス毎に異なるため確認する必要があります。

 

さいごに

以上、『ブログで使えるオススメ無料素材サイト』と『使用する上での注意点』のご紹介でした。

無料素材サイトは数多くのものがありますが、今回ご紹介したサイトをブックマークしておけば、ブログ運営で素材不足になることはないのでは思います。

どのサイトも検索窓にキーワードを打ち込んで、欲しい素材を選択するだけで簡単に素材を手に入れることができるサービスばかりです。

そのまま利用するのもいいですが、他のユーザーとかぶる可能性が高いです。

そんなときは画像にアイコンを組み合わせてより記事の内容にマッチさせたものに編集したり、画像内に注釈を入れるなどして記事の内容をよりイメージしやすくするなどして、差別化を図る必要があります。

スマホ単体でできる簡単な画像編集についてはこちらの記事でご紹介しているので、是非一度ご覧くださいませ(^^♪

f:id:kuj1ra13:20210210104924j:plain:w120
それじゃあ、またね